加倉のこだわり

加倉水産店主よりご挨拶

加倉水産代表の写真

子供の頃から、父や祖父の仕事を見て育ち、昭和40年に干物屋である家業を継ぎました。私で三代目になります。

魚と共に育ってきたので、魚を見る目には自信があります。旨い魚は一目で判ります。旬の仕入れ時は、眠れないほどです。また、良い魚、旨い魚に出会えた時は感動します。

美味しい干物の原点は、良い魚、それと丁寧な仕上げだと思っています。「美味しい」と言われた時ほど、うれしい事はありません。

私は旨い魚を食べてもらいたい。そういう仕事を心がけております。

加倉のひものが美味しいわけ

加倉水産の干物

旨い魚は丸々と太った魚。旬にはそういう魚が捕れます。加倉の干物は、旬のぷくぷく太った魚を干物にしています。

美味しい魚を、長年の勘を頼りに調合した塩汁(ショジル)に漬け、絶妙な干し具合に仕上げます。

加倉の干物は半生仕上げ。カチカチに乾燥してある干物は、どうしてもパサパサしてしまいますが、加倉の干物は生の良さと干物の良さを両方味わえます。身に旨さをギュッと凝縮した、しっとりと上品なひものです。

干物は各地で作られておりますが、沼津の干物の美味しさの秘密には「柿田川の水」にもあると思います。富士山の伏流水が自然に湧き出している柿田川は、環境省選定の名水百選にも選ばれた東洋一の名水です。

加倉水産の歴史

初代・加倉倉吉
削り節を始める
二代目・加藤清
削り節の製造と共に干物の製造も始める
三代目・加藤正忠
  • 干物の製造一本に絞り、「ひらき」にこだわる。
  • 昭和49年 結婚を機に、工場兼自宅を新築。
  • 昭和63年 郵便局「ふるさと小包」の産地直送を始める。
  • 平成19年 インターネットにて販売を開始。

加倉水産の会社概要

社名
加倉水産
事業内容
干物の製造・販売
代表
加藤 正忠
従業員
14名
住所
〒410-0192 静岡県沼津市獅子浜49-1
電話
055-932-3237
ご注文
  • フリーダイヤル 0120-03-3237
  • 受付時間:平日9時30分~17時00分
FAXでのご注文
055-934-3856
メール
お問い合わせメールフォームからお問い合わせください。
Web担当者
内宮友美(四代目)

コンテンツメニュー

カートの中をみる

マイページへログインする

割引セール中おすすめ商品

産地直送、加倉水産の沼津ひもの